肥満外来で治療を受けて理想の体型になろう

肥満外来を受診すると良い事

肥満外来は医師が診療を行い、痩身サロンとは異なり薬の処方や外科的な処置が行えます。医師以外に薬剤師や管理栄養士や臨床心理士等のチームでの診療が受けられ、カウンセリングや様々な指導も受けられる事もメリットです。軽度の肥満であっても健康被害が伴われる、内臓脂肪型肥満が多いのが特徴です。この判定はスクリーニングでウエストを測定して、CT検査で内臓脂肪面積を調べて肥満に判定されると治療を開始していくのです。

受診出来る人はこんな人

肥満外来を受診出来る人は、BMIが25以上です。それにメタボリックシンドロームや高尿酸血症や脂肪肝等の、生活習慣病を併発している人になります。また治療の対象は、肥満による膝や腰に痛みがある人も受けられます。トイレの回数が7回未満や、腹部満腹感や便秘が慢性的にある等の人は受診を検討すると良いです。病院によってはBMIが35以上の肥満に設定している所もあるため、受診する病院が受けられるのか事前に確認する事が必要です。

治療ではどんな事をするか

肥満外来は医療機関によって、治療の内容は異なります。一般的には精密検査を行って、肥満の度合いと合併症等を調べます。遺伝子検査の結果を元に、減量の方法を指導してもらえます。治療方法には5つあり、継続が食事制限と過度な運動は難しいです。リバウンドを防ぐためには、太る生活習慣を改善する事になります。性格的な背景も考えて、プログラムはストレスを増やさない生活を維持する事が出来るものを作って治療を行います。

肥満外来の治療法の種類は、患者の希望によって自由に選択できるため、医師の助言を受けながら、減量に励むことが良いでしょう。